CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
昭和プロレス
さて、何を書きましょうか。だいたいこの時間になると、
何を書こうかなー、なんてことになるんですよね。

で、午前中に考えていたのは…、昭和プロレス。
それにしても、You-Tubeは凄いね。何でもある。この
間(7/7)、プロレスのことを書いてから、懐かしくなって
You-Tubeで検索してみたんですね。「ジャイアント馬場」
で…。出てくる、出てくる。特に、昭和40年代の試合は、
今、観ても興奮ものです。観客の盛り上がり方も半端じゃ
ないし、筋書きがあるとわかってても、あれは興奮する。
で、忘れていた懐かしい外人レスラーの名前が、ボコボコ
出てきて、感動するやら、笑えるやら、もう、たまりません。

人間発電所−ブルーノ・サンマルチノ
鉄の爪−フリッツ・フォン・エリック
銀髪鬼−フレッド・ブラッシー
荒法師−ジン・キニスキー
黒い魔人−ボボ・ブラジル
白覆面の魔王−ザ・デストロイヤー

他にも、ディック・ザ・ブルーザー、キラー・コワルスキー、
ハーリー・レイス、クラッシャー・リソワスキー、etc.etc.

世界の不沈艦・スタン・ハンセンとか、人間山脈・アンドレ・
ザ・ジャイアントとか、黒い呪術師・アブドラ・ザ・ブッチャー
なんかは、まだ新しい感じなんですよね。何せ、上に書いた
人達は僕が小学校に入る前から、観ていたレスラーですから。
凄い迫力で、当時は怖かったくらいです。

デストロイヤーなんか、TV番組「噂のチャンネル」に出て、
馬鹿やってましたけど、昔は、必殺の「四の字固め」を馬場
が掛けられそうになると、あーーー!!ってな感じで騒いで
ました。鉄の爪−フリッツ・フォン・エリックは握力が130で
片手でリンゴを握りつぶすんですから。初来日の試合でした
けど、馬場の頭と言うか、こめかみの辺りをガシッと掴んで、
血がダラダラ出てきた場面は、忘れられない。真剣に、馬場、
大丈夫かー?!って思ってました。…興奮してます。

最近、いろいろとガチンコ勝負の格闘技、ありますよね。
何か違うんですよね。ガチンコなのに、今一つ興奮しない。
You-Tubeで観た昭和40年代のプロレスの方が、子どもの
時はガチンコだと信じてましたけど、今は、筋書きがあるって
わかっているのに、また、興奮してました。何なんだろう??
本物のエンターテイメントだったんだろうなー。とにかく、
迫力が半端じゃありません。

何、書こうかなーとか言いながら、どんどん興奮して書いて
いるんですけど…。今日は、マニアックな話で、何だかよく
わからないと言われるかもしれませんが、好きだった人には、
たまらない内容となっているはずです、なんてことも言いつつ、
そろそろ、この辺にしとこうと思います。では、また明日!
| 趣味 | 22:07 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
例えば、好きなこと
数年前から、実感していること。
この歳になると、「残り時間」の方が少ないんですよね。
決して、後ろ向きな話ではありません。ただ、明らかに
折り返し地点は過ぎている訳です。

で、その「残り時間」をどう生きていこうか、という話
です。まあ、そんなに大袈裟な話ではなく、ようするに、
できるだけ楽しく生きていければいいなー、ということ
なんですね。誰でもそうだと思いますけど。

例えば、自分の好きなこと、好きなものって何かなーと、
考えてみたんですね。好きなことをやっている時、好きな
ものに囲まれている時って、楽しいもんね。
今だけではなく、小さい頃から、若い頃から、自分が好き
だったこと、好きだったものを、あれこれ、ダーッと洗い
出してみたら、さすがに、長いこと生きているだけあって、
けっこうある訳です。で、できるだけ、好きなことをやる
時間、好きなものに触れる時間を増やしていこうと…。

ネコ/はっきり言って大好き。飼うことにしました。
お菓子/相変わらず食べてます。お菓子研究会発足^^。
腕時計/気に入った腕時計の写真を集め、眺めております。
70年代POPS/CDを探し、買い、借り、聴き、
アーティストのデータをネットで調べ、整理してます。

TV番組/サンダーバード、宇宙家族ロビンソン、タイム
トンネル、0011ナポレオン・ソロ、ザ・ガードマン、キー
ハンター、赤い疑惑、鉄人28号、チキチキマシン猛レース、
ゲバゲバ90分、etc. etc. 切りがありません。DVDを借り、
ネットで調べて、気に入ったサイトやページを保存してます。

と、まあ、他にも、もっともっとあるのですが、とにかく、
意識して好きなことに触れる時間を、増やすようにしている
んですね。中々、楽しいよ。

今の世の中、ボーッとしてたら、心配や不安に駆られること
ばっかりじゃないですか。それと、嫌でもやらなきゃいけない
ことの方が多い訳で、それはそれで、しょうがないと思うけど、
やりたいことや、好きなことや、好きなものって、こっちから
歩み寄っていかないと、実は、中々手にできない。それなりの
意識と努力がないと。なんて、ちょっと真面目に言ってみたり
してますけど。ようするに、限られた「残り時間」を、できるだけ
楽しい時間にしたい、しよう、という話です。

皆さんの、楽しい時間が少しでも増えますように。では、また!
| 趣味 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漫画家・吉田秋生
昔から、吉田秋生(よしだあきみ)の漫画が好きで、
彼女の作品は殆んど読んでいます。本棚にあるコミック
本を今でも時々、開くことがあるくらい好きなんですね。

『カリフォルニア物語』 『ラヴァーズ・キス』 『櫻の園』
『吉祥天女』 『BANANA FISH』 『YASHA-夜叉-』 etc.

どの作品も、質の高い小説のようなストーリー性があり、
主人公や登場人物の人間性や心象描写は、リアリティが
ある。笑いのセンスも知的で、もう、べた褒めです。

学園・下宿物語的な作品があるかと思えば、
ベトナム戦争後のアメリカ情勢を背景に、政府、マフィア、
軍部関係が絡み合う、ハードボイルド物(BANANA FISH)
があったり、財産を巡る陰謀や事件が繰り広げられるホラー
ミステリー(吉祥天女)があったり、それはもう、いろんな
ところへ連れてってくれます。

何で今日は、吉田秋生の話になったかと言うと、
ネット・ニュースを閲覧してたら、映画『カムイ外伝』の
ヒロイン役に小雪(女優)、というのがあったんですね。
『カムイ外伝』は1960年代後半、少年サンデーに連載されて
いた白土三平・作のかなりマニアックな忍者漫画、って書くと
何だかニュアンスが違ってしまうな。タッチもストーリーも、
かなりシリアスな漫画です。
で、この女優の小雪さん。さんを付けると何か変か。話が前に
進まない。まあ、いいか。とにかく、彼女をTVなんかで観るたび
に、この人に『吉祥天女』の叶小夜子・役をやってもらいたいなー
って、いつも思ってしまうんですね。

『吉祥天女』は2006年にTV化、2007年に映画化されていて、
それぞれ、岩田さゆりさん、鈴木杏さんが、叶小夜子・役をやって
いるんですけど、二人が女優としてどうこうじゃなくて、僕の中では、
小雪さんが「はまり」なんですよね。彼女以外に考えられない。
まあ、一人よがりと言うか、勝手に思い込んでるだけですけど。
ただ吉田秋生フリークとしては、イメージがビッタシって感じ
なんですよね。

とりあえず、それはそれとして、興味のある方はぜひ、吉田秋生
作品を読んでみて下さい。おもしろい。おすすめです。ではでは。

| 趣味 | 17:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |